医療機器をリースで済ませるとお得になるのは本当?

>

会計処理が手間がかかる

個人の仕事に集中するためのリース

医療機器をリースした場合は、全額を経費として処理できます。
購入した時に比べて、遥かに会計処理が簡単だと覚えておきましょう。
こちらも、リースした際のメリットになります。
会計処理が簡単になることで、少ない事務員でも仕事を済ませることができます。
そのため、人件費の削減に効果を発揮できるでしょう。

会計処理が簡単になればミスが発生せず、トラブルの防止に繋がります。
ミスが起こると経営が一時的にストップしたり、仕事に悪影響を与えたりするかもしれません。
医療機関の経営が難しくなることも考えられるので、リスクを減らすためにも余計な手間を省きましょう。
手間がなくなればみんなが自分の仕事に集中でき、作業効率が高まります。

最新の医療機器を導入しよう

契約期間の終了が近づくと、このまま終わるのか延長するのか尋ねられます。
延長する場合は同じ医療機器をずっと使い続けられますし、終了すれば新しい医療機器を選択して、再び契約を交わすことが可能です。
定期的に新しい医療機器に一新できる面も、リースのメリットです。
医療機器が新しくなることで患者の負担が削減されますし、治療も簡単になるのでみんなにメリットがあります。

契約期間が終わるまでは、同じ医療機器を使い続けなければいけません。
途中で解約できませんし、どうしても解約するなら違約金が発生し、損失が大きくなります。
医療機器によっては長すぎない期間を選択することも大切です。
こまめに医療機器を新しくしたいなら、数年が良いですね。


この記事をシェアする

このページのトップへ