医療機器をリースで済ませるとお得になるのは本当?

>

医療機器を買わずにリースしてみよう

なぜ安く済ませられるのか

医療機器を購入した時は、自分の所有物になります。
固定資産税が発生することを忘れないでください。
そのため出費が増えて、予算が少ない人にとって負担が大きくなってしまいます。
費用を少しでも抑えたいなら、医療機器はリースしてください。
医療機器は自分のものにはなりませんが、固定資産税が発生しません。
つまり、その分費用を削減できます。

また資金を他のことに使いたかったり、手元に残しておきたかったりする人にもおすすめです。
特に医療機関の経営は軌道に乗るまで、何が起こるかわかりません。
万が一の事態が起こった時のために、現金を手元に残していた方が無難です。
お得に医療機関を経営できるように、設備の準備を工夫しましょう。

リース会社を調べよう

一般的な相場は、2000万円から3000万円ほどになります。
リース会社ごとに料金が変わり、選択を間違えると購入した時よりも出費が増えてしまうので気を付けてください。
リース会社を急いで決めないで、複数のリース会社を比較することが大事です。
リースしたい医療機器が決まったら、総額でいくらぐらいになるのか見積もりを聞きましょう。

見積もりの結果が予算より高いと感じたらキャンセルし、別のリース会社にも同じように見積もりを聞いてください。
これを繰り返すと予算内に収まることもあり、最も安く医療機器をリースできる会社が見つかります。
とにかく条件をよく調べてから契約することが大事だと忘れないでください。
契約を急かすリース会社は、信頼できないので避けましょう。


この記事をシェアする

このページのトップへ